Event / Seminor イベント・セミナー
コーディネート活動支援事業講演会


第1回 平成14年10月24日(木) 13:30 〜 15:00
テーマ 「北海道とITS(高度道路交通システム)」
講  師独立行政法人北海道開発土木研究所
(株)道路部 防災雪氷研究室室長 加治屋安彦氏

積雪寒冷地での冬季交通に威力を発揮するITSについての取り組み状況などを学びました。この中で加治屋氏は、冬季交通の安全性・効率性向上とともに、地域競争力の強化と寒地技術開発によって新産業創出につながることなどを強調。参加者にとって今後めざす方向性を知る格好の機会となりました。



第2回 平成14年11月12日(火) 16:00 〜 18:30
テーマ ITSSP〜起業の問題解決をITで!
「工程管理と実行予算管理のITシステムの活用について」
講  師石塚建設興業(株) 専務取締役 石塚英資氏
(株)SIU 建設営業部 松田昌之氏

工事の受注から完成まで、当初計画の工程管理と実際の進捗状況をシステム上連動させることで各工程の人員や資材を無駄なく使いこなすことができる。さらに全体の経費の削減と工期の短縮が可能になったことが報告されました。また導入へは「根気が必要だ」と貴重なアドバイスがありました。



第3回 平成14年12月5日(木) 16:00 〜 17:00
テーマ 「これからの道路整備とITS(高度道路交通システム)」
講  師国土交通省 北海道開発局 建設部道路計画課 課長補佐 高橋渡氏

霧や道東型交通事故への対処のため、ITS(高度道路交通システム)技術を活用した問題解決型の提案を道東地域から発信すべきとの提言がありました。また、豊富な観光資源をネットワーク化した情報発信など、道東にはITS活用の可能性が高いことが強調され、今後の地域の取り組みにエールが送られました。



第4回 平成15年1月23日(木) 15:00 〜 18:00
テーマ 「空知建設業協会IT化のあゆみ」
講  師社団法人空知建設業協会 広報・IT化推進委員
(株)岸本組 専務取締役 秋野裕幸氏
テーマ 「北海道建設業IT化最前線」
講  師北海道ゼロックス(株) 建設グループ所属 吉川雄一氏

IT化を積極的に進めるために先進地の視察によって刺激を受け、情報コンサルタントとの出会いから協会全体が本格的にIT化を取り組んだ実例が紹介されました。現在空知建協ではほぼ全社がインターネットに接続。イントラ文書管理共有で全会員が文書の電子共有と実現した、など前向きな実践例が説明されました。



第5回 平成15年2月13日(木) 13:00 〜 17:00
テーマ 「なぜ地場建設業にIT化が必要なのか」
講  師中小建設業ITコンサルタント 桃知利男氏

公共工事システムを支援するためのデジタルデータの生成、交換、管理を一層効果的にすすめることが大切。しかも、それが地場の中小企業が活用できるものでなければならない、と強調。先進的成功例として岐阜県の取り組みを紹介し「釧路はコミュニティを指向する以外に生き残る道はない」と言葉を結びました。




C O N T E N T S
Home
トップページ


Object
成り立ち


Event / Seminor
イベント・セミナー


About Use
ご利用について


Cafe Menu
カフェメニュー


Contact
お問い合せ


北海道ベンチャーネットワーク推進事業

釧路SOHOネットワーク

くしろ観光ガイド


Link Free !!




©2001-2003 Kushiro BizCafe Office, all rights reserved.